コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異国御朱印帳 いこくごしゅいんちょう

世界大百科事典 第2版の解説

いこくごしゅいんちょう【異国御朱印帳】

近世初頭,江戸幕府が南洋諸地域に渡航する日本船に貿易統制のために発給した朱印状控帳。原本は以心崇伝手写になり,京都南禅寺金地院蔵。重要文化財。崇伝は1608年(慶長13)駿府に招かれて徳川家康より外国往復のことを命ぜられ,この朱印帳には1604年より16年(元和2)までの朱印状の交付と朱印船主,渡航地,斡旋者などが記録されている。前半を《異国御朱印帳》,後半を《異国渡海御朱印帳》といった。朱印船貿易の史料としてきわめて貴重であり,朱印船主80名,渡航船数は延べ178隻が明らかにされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android