コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異国渡海御朱印帳 いこくとかいごしゅいんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異国渡海御朱印帳
いこくとかいごしゅいんちょう

江戸幕府が海外に渡航する日本商船に渡航許可の朱印状を下付した際,その作成と交付には僧があたった。慶長 17 (1612) 年金地院崇伝 (すうでん) がその役を引継ぐに際し,彼は前任者の帳簿を写し,さらに書き継いでいった。その慶長9 (1604) ~元和2 (16) 年の間の朱印の控えをいう。指定渡航地,交付年月日,申請者名などが記され,その渡航先は安南からモルッカなど 19地にわたる。交付数は約 180。申請者は大名,幕吏,商人など 60人ほどである。江戸時代初期の朱印船貿易制度を知るうえでの好史料。京都南禅寺金地院所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異国渡海御朱印帳
いこくとかいごしゅいんちょう

江戸初期に幕府が海外渡航の貿易船に与えた許可証の控え。金地院崇伝(こんちいんすうでん)(以心(いしん)崇伝)の自筆、1冊。京都市南禅寺金地院所蔵(国指定重要文化財、京都国立博物館保管)。崇伝が、前任の豊光寺承兌(ぶこうじしょうだ/しょうたい)、円光寺元佶(げんきつ)の後を受けて1612年(慶長17)朱印状などの外交事務をつかさどってから、1616年(元和2)までの52通の朱印状について、申請者、斡旋(あっせん)者、手数料、下付(かふ)年月日などを記したもの。なお崇伝は、1604年(慶長9)以降11年までの承兌、元佶時代のものも筆写して「異国御朱印帳」とした。両帳をあわせると、朱印船の渡航地は東南アジア19地、延べ180隻、申請者は大名、幕吏、商人、在留外国人で80余人を数える。[中村 質]
『村上直次郎訳註『異国往復書翰集・増訂異国日記抄』(『異国叢書11』復刻版・1966・雄松堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

異国渡海御朱印帳の関連キーワード異国御朱印帳

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android