コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異雪慶珠 いせつ けいじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

異雪慶珠 いせつ-けいじゅ

1502-1564 戦国時代の僧。
文亀(ぶんき)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。長門(ながと)(山口県)大寧寺亀洋宗鑑(きよう-そうかん)の法をつぎ,同寺住持。兵火にあい,出家した壱岐(いき)(長崎県)華光寺にもどり竜蔵寺をひらく。のち毛利元就(もとなり)にまねかれ,ふたたび大寧寺の住持となった。永禄(えいろく)7年10月17日死去。63歳。俗姓は佐。法名は「きょうしゅ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

異雪慶珠の関連キーワード関翁珠門繁興存栄安叟珠養文亀

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android