コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畿内近国(読み)きないきんごく

世界大百科事典 第2版の解説

きないきんごく【畿内近国】

山城を含む五畿内周辺の地域を指す。この地域は12世紀末,治承寿永の内乱期から軍事的要地として重視され,鎌倉幕府は蒙古襲来以降,摂津,播磨,丹波の守護職を六波羅探題兼管とし,従来から幕府直轄国であった山城を含めて要衝視した。この政策は室町幕府にも継承され,これらの国々は三管四職(ししき)家のうち最有力の足利氏一門守護に与えられた。なかでも摂津,河内,和泉は南朝への軍事的基地とみなされ,1369年(正平24∥応安2)楠木正儀北朝に帰参すると,幕府は彼に河泉両守護職に加えて南朝所属時に帯していた国主の地位をも安堵している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畿内近国の関連情報