コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畿内近国 きないきんごく

1件 の用語解説(畿内近国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きないきんごく【畿内近国】

山城を含む五畿内周辺の地域を指す。この地域は12世紀末,治承・寿永の内乱期から軍事的要地として重視され,鎌倉幕府蒙古襲来以降,摂津,播磨,丹波の守護職を六波羅探題兼管とし,従来から幕府直轄国であった山城を含めて要衝視した。この政策は室町幕府にも継承され,これらの国々は三管四職(ししき)家のうち最有力の足利氏一門守護に与えられた。なかでも摂津,河内,和泉は南朝への軍事的基地とみなされ,1369年(正平24∥応安2)楠木正儀が北朝に帰参すると,幕府は彼に河泉両守護職に加えて南朝所属時に帯していた国主の地位をも安堵している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畿内近国の関連キーワード王畿上方五畿七道東アジア華中京畿五畿五畿内四畿内特定遊休農地

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畿内近国の関連情報