コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疇人伝 ちゅうじんでん Chou-ren zhuan

2件 の用語解説(疇人伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疇人伝
ちゅうじんでん
Chou-ren zhuan

嘉慶4 (1799) 年,数学者の李鋭らの幕客の協力によって完成し,阮元によって刊行された中国歴代の数学者,天文学者の伝記。 46巻。疇人という言葉は『史記』「暦書」に初めて用いられたが,いわゆる暦算学者のことをさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうじんでん【疇人伝 Chóu rén zhuàn】

中国の天文学者の伝記集。《史記》暦書に〈疇人〉の語があり,天文学者を指すと解せられる。清朝の大官であり学者としても有名な阮元は上古の伝説上の人物からはじめ清朝に至る中国人天文学者(数学者を含む)270人,西洋人天文学者41人の伝記を編集し,1799年(嘉慶4)の序を付して刊行した。これが《疇人伝》46巻である。その後,羅士琳は続篇(巻47‐52)を書き,さらに諸可宝が《疇人伝三篇》7巻を著した。【藪内 清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の疇人伝の言及

【中国数学】より

…《算経十書》が再発見され,李冶,朱世傑などの天元術に関する研究が流行するようになった。また暦算学者の列伝である《疇人伝》(1799)が阮元の下で編集された。19世紀に入って焦循,汪萊,李鋭などによってやや独創的な研究が行われたが,ヨーロッパ数学とのへだたりは大きくなるばかりであった。…

※「疇人伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

疇人伝の関連キーワードエアリー崇禎暦書西川如見藪内清上田穣新城新蔵イブン・サード唐才子伝伝記集《預言者の伝記》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone