疫神祭・厄神祭(読み)やくじんさい

精選版 日本国語大辞典の解説

やくじん‐さい【疫神祭・厄神祭】

〘名〙 その年の悪病の流行を防ぐため、疫神をまつってその威を和らげ鎮める祭。平安時代には、皇居の四隅や畿内の境にまつった。諸社で、主として春に行なわれる。えきじんさい。やくじんまつり。やくじんえ。
※東寺文書‐甲・長保二年(1000)一二月・造東寺年終帳「一石四升 春季疫神祭料」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android