コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東寺文書 とうじもんじょ

百科事典マイペディアの解説

東寺文書【とうじもんじょ】

京都市南区の東寺教王護国寺)(きょうおうごこくじ)に伝来した文書群の総称。主に京都府立総合資料館蔵の〈東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)〉,東寺蔵の〈東寺文書〉,京都大学文学部博物館蔵の〈教王護国寺文書〉で構成され,ほかにわずかずつ各所に所蔵される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじもんじょ【東寺文書】

京都の東寺(教王護国寺)に伝来した文書の総称。〈東寺百合文書(とうじひやくごうもんじよ)〉,〈東寺文書〉(狭義の),〈教王護国寺文書〉が主たるものであるが,そのほかわずかずつ各所に分蔵されている。このうちで中心となる〈東寺百合文書〉は平安時代以来,東寺がその必要から集積した文書で,東寺の法会仏事に関するもの,荘園経営を中心とした寺院経済に関するものなど,古代・中世寺院としての東寺の運営全般にかかわる内容をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東寺文書の関連情報