疫神祭(読み)エキジンサイ

大辞林 第三版の解説

えきじんさい【疫神祭】

疫神の活動を恐れ、これを和らげ鎮めようとする祭り。古代より行われ、現在でも京都の吉田神社などで節分の頃行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えきじん‐さい【疫神祭】

〘名〙 悪病の流行を防ぐため、疫神をまつってその威を鎮め、和らげる祭。また、平安時代に皇居の四隅(しぐう)や畿内の境に疫神をまつったこと。
※延喜式(927)三「宮城四隅疫神祭〈略〉畿内堺十処疫神祭」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android