疵瑕(読み)シカ

大辞林 第三版の解説

しか【疵瑕】

〔「しが」とも〕
欠点。あやまち。瑕疵。 「遂に-たることを免るべからず/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐か【疵瑕】

〘名〙 (「しが」とも。「疵」は体のきず。「瑕」は玉のきず)
① 欠点。また、あやまち。過失。
※史記抄(1477)一八「日月の明暗を知たほどにとて日月の疵瑕吉凶を問わば何か可知ぞ」 〔春秋左伝‐僖公七年〕
② 不運。不幸。また、弱味。つらさ。
※浄瑠璃・殩静胎内捃(1713)三「見ぬ京咄うそ咄跡からはげるひらの雪、跡の白波さざ波や浮世のしがをのせて行」
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)序幕「この身のしがを打明けて、お願ひ申すは無理ながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android