コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

療術 りょうじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

療術
りょうじゅつ

療術という名称は,1930年に始まる。法的には「疾病の治療又は保健の目的を以て,光熱器械,器具その他の物を使用し若しくは応用し,又は四肢若しくは精神作用を利用して施術する行為」で,「他の法令において認められた資格を有する者が,その範囲内でなす診療又は施術でないもの」である。すなわち,法的資格のない者が行なう療法をいう。 68年の厚生省の調査では,200~300種類と数えている。それらを大別すると,以下の5種目となる。 (1) 手技療術。 (2) 電気療術。 (3) 光線療術。 (4) 温熱療術。 (5) 刺激 (器具) 療術。以上のうち何種目かを併用したものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうじゅつ【療術】

治療術。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

療術の関連キーワードスポンディロテラピーピュイゼギュールオステオパシーホメオパシーギリシア科学鍼術・針術諸病源候論松本 操貞医療制度精神医学桑原俊郎大村福吉大友直枝池田霧渓長生療法指圧療法パーマー方術方薬指圧

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

療術の関連情報