癌と遺伝(読み)がんといでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌と遺伝
がんといでん

現在,癌は遺伝子の病気であることがわかっているが,「遺伝する癌」はほんの一部にすぎず,基本的には癌は遺伝しない。しかし,体内に入った発癌物質を無毒化する酵素の遺伝子をもっている人ともっていない人がいることなどが明らかになってきており,癌になりやすい素質が遺伝することは否定できない。この意味で癌になりやすい家系というのはあるようだ。遺伝するということは,生殖細胞 (精子と卵子) の遺伝子に変化があることなので,体の細胞の遺伝子に異常が起きて癌になったとしても親から子供に伝わることはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android