コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌の種類 がんのしゅるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌の種類
がんのしゅるい

癌は悪性腫瘍とも呼ばれ,周囲の組織を破壊的に増殖,転移して宿主を死亡させるのが特徴である。これに対し良性腫瘍は周囲の破壊や転移はなく,かなり大きくなっても手術で切取ってしまえば生命にかかわることはない。は臓器の表面をおおう上皮細胞から生じる悪性腫瘍で,上皮に包まれた内部の細胞から発生するものは肉腫といい,骨肉腫,リンパ腫などがある。血液の癌では白血病があり,通常,肉腫,白血病を含めた悪性腫瘍の代表名として「癌」が使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

癌の種類の関連キーワード地域癌登録癌遺伝子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

癌の種類の関連情報