コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙幕 えんまく smoke screen

翻訳|smoke screen

7件 の用語解説(煙幕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煙幕
えんまく
smoke screen

軍事行動,あるいは軍事目標を敵の目から隠蔽するために,人為的に発する煙霧。 1701年にスウェーデン軍がドビナ川を渡河する際に大量の湿ったわらを燃やしたのが,煙幕の最初の大規模な使用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐まく【煙幕】

戦線で、敵の視界を遮ってその攻撃を困難にしたり、味方の所在・行動などを隠したりするための人工的な煙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

煙幕【えんまく】

敵の視界をさえぎったり,味方の行動を隠す目的で,海上,地上や空中に展張(てんちょう)する人工煙霧(えんむ)。発煙剤は黄リン,無水硫酸,四塩化チタンなどで,隠蔽(いんぺい)作用は白色煙が最大である。
→関連項目発煙剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

煙幕

英国の作家ディックフランシスミステリー(1972)。原題《Smokescreen》。競馬界を舞台にしたシリーズの第11作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんまく【煙幕 smoke screen】

戦場で敵の視察を制限して敵の行動を妨害し,みかたの行動を有利にするために人工的に展張する煙。現在多用されている発煙器資材としては,発煙油を高温で煙霧化し長時間連続して煙を発生させる発煙機,六塩化エタン,黄リン,四塩化チタンなどを空中に散布して比較的小規模な煙幕を構成する発煙弾や発煙筒がある。煙幕は使用目的と構成要領から次の三つに分類される。一つは,みかたの部隊や施設などを空地の敵に対して隠ぺいするため,これらの地域を覆うように構成する地域煙幕。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんまく【煙幕】

戦闘の際、敵の目をくらますために幕のように広く放散させる煙。
花火の一種。火をつけると、筒から白い煙を噴き上げるもの。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煙幕
えんまく

戦場で敵の視界を遮って敵の攻撃を困難にし、味方の行動を敵の目から隠して攻撃利点を得、あるいは退避を容易にするために発射、拡散させる人工煙。煙幕の張り方には、砲弾・手榴弾(しゅりゅうだん)に発煙剤を詰めて発射する方法、発煙筒・発煙缶を噴出させる方法や、戦車・自動車により地上に、航空機により空中に、艦船により海上に張るなど種々の方法がある。発煙剤として黄リン、無水硫酸、四塩化チタン、四塩化スズ、発煙硫酸、塩酸アンモニウムなどを使用するが、これを薬煙幕という。形は固体、液体、泥状など。色は白色が普通。また海上では、艦船が重油専焼缶で重油を不完全燃焼させ高速で黒色の煤煙(ばいえん)を展張する。これを煤煙幕という。第一次世界大戦に初めて化学兵器として登場し、砲弾や戦車による煙幕の展張は大いに効果があり、防空用にも使用されたが、航空機による観測能力の向上からしだいに局所利用にとどまり、海上戦ではレーダーの発達によりほとんど効力がなくなった。[寺田近雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の煙幕の言及

【煙】より

…これらの粒子は静かな空気中ではしだいに落下し,たとえば半径10μmの水滴は毎秒1.2cm落下するが,空気の流れがあると容易には落下せず,いつまでも上空に浮遊する。 煙は遮へい用の煙幕および信号として利用される。煙幕としてよく使われるのはベルゲル混合物Berger mixtureで,たとえば四塩化炭素CCl450,亜鉛末Zn25,酸化亜鉛ZnO20,ケイ藻土5の組成をもつ。…

※「煙幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

煙幕の関連キーワード封鎖鉄菱拘束桎梏首功速攻分捕る切入る道具落しナトリウム制限食

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煙幕の関連情報