コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発煙剤 ハツエンザイ

百科事典マイペディアの解説

発煙剤【はつえんざい】

常温または加熱により化学反応を起こし,大量の煙霧を発生する薬剤。煙幕を形成するための発煙剤と信号用の着色発煙剤とがある。後者は目的の色を出す各種染料と,酸化剤としての塩素酸カリウムと乳糖などからなる発熱剤を混合したもの。
→関連項目化学兵器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつえんざい【発煙剤】

煙を発生する薬剤。物理煙と化学煙を出すものがある。物理煙は煙物質が発煙剤の成分に含まれていて,それが燃焼するとき蒸発して煙になるもの,化学煙は煙物質が煙剤の燃焼の際,化学反応によって生成するものである。物理煙剤の煙物質は150~500℃で変質せず蒸発することが必要である。ローダミンB(赤紫),パラレッド(橙赤),バターイェロー(黄),オイルオレンジ(だいだい),フタロシアニンブルー(青)などがおもに使われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

発煙剤の関連キーワード塩素酸塩爆薬酸化硫黄黄リン発煙筒弾丸花火

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android