コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生的定義 ハッセイテキテイギ

デジタル大辞泉の解説

はっせいてき‐ていぎ【発生的定義】

定義の方法の一。定義されるものの発生・形成・成立の過程や条件を示して定義するもの。例えば、「種子とは、高等植物において受精後、胚珠(はいしゅ)が発達して形成されるもの」と定義する類。→分析的定義

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっせいてきていぎ【発生的定義】

〘論〙 定義の方法の一。本質的属性を分析するのではなく、発生・成立の条件を挙げて物を定義するもの。総合的定義。 ↔ 分析的定義

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発生的定義の関連キーワード経験

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android