発達性協調運動症(読み)はったつせいきょうちょううんどうしょう

知恵蔵miniの解説

発達性協調運動症

視覚や聴覚、筋肉、神経などに異常がないにもかかわらず、体の複数の部位を連動させて行う「歩く」「字を書く」などの協調運動がうまく行えない障害のこと。発達障害類型のひとつ。協調運動には、歩いたり走ったりといった全身運動である「粗大運動」と、ボタンをはめる、スプーンを使うなど手先の運動である「微細運動」があり、これら全部が苦手な場合もあれば、一部のみが苦手な人もいる。障害の原因はまだ解明されていないが、他の発達障害と同様、神経伝達物質の異常などが起こっているとする見方がある。

(2019-5-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android