コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登山靴 とざんぐつ

大辞林 第三版の解説

とざんぐつ【登山靴】

耐久性・防水性などにすぐれた登山用の靴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とざんぐつ【登山靴】

登山用につくられた靴。日本ではわらじ,地下足袋,長靴などが登山に用いられていたが,ヨーロッパからの登山技術の導入により専門靴が発達した。1955年ころまでは牛の茶利皮を表革に用いた革底にクリンカー,ムガー,トリコニーなど滑り止めとしてくふうされた各種の鋲を打った鋲底靴(ナーゲル)が一般的に用いられていたが,アイゼンや岩登り専用靴の発達,ゴム底靴の発達により現在ではほとんど姿を消し,目的に応じた靴が発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

登山靴の関連キーワードキャラバンシューズオーバーシューズグリセードビブラムブーツ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登山靴の関連情報