コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白い朝

デジタル大辞泉の解説

しろいあさ【白い朝】

豊島与志雄短編小説副題「正夫の童話」。昭和13年(1938)「改造」誌に発表。同年、同作を表題作とする小説集刊行。小説集は、ほかに「南さんの恋人」「霧の中」などの作品を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

白い朝の関連キーワード豊島 与志雄宝塚歌劇団

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白い朝の関連情報