コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山魁夷 ひがしやま かいい

8件 の用語解説(東山魁夷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東山魁夷

日本画家。神奈川県生。名は新吉。東美校卒。結城素明に師事する。昭和47年日展に出品した「残照」が特選となり画壇に認められた。洗練された技法を用い、日本をはじめヨーロッパの自然風土を深い郷愁をたたえた作風で描き出し、現代日本画を代表する画家として活躍し、また文章も能くした。代表作に唐招提寺御影堂障壁画等。日展理事長。芸術院会員文化功労者文化勲章受章。平成11年(1999)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしやま‐かいい〔‐クワイイ〕【東山魁夷】

[1908~1999]日本画家。神奈川の生まれ。本名、新吉。詩情あふれる装飾的風景画を制作。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東山魁夷【ひがしやまかいい】

日本画家。本名新吉。横浜生れ。1931年東京美術学校卒後,結城素明に師事。1933年渡独,ベルリン大学美術史科に学び,1935年帰国後,新文展に出品した。戦後は日展に出品し,1947年《残照》で特選。
→関連項目上野の森美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東山魁夷 ひがしやま-かいい

1908-1999 昭和-平成時代の日本画家。
明治41年7月8日生まれ。結城素明(ゆうき-そめい)に師事。昭和8年ドイツ留学。21年より日展を中心に出品。43年皇居新宮殿壁画,50年と55年唐招提寺御影(みえい)堂障壁画を制作。静謐(せいひつ)な風景画により独自の画風をきずいた。31年芸術院賞,40年芸術院会員,44年文化勲章。平成11年5月6日死去。90歳。神奈川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は新吉。作品に「道」「光昏」「桂林月夜」など。著作に「東山魁夷画文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしやまかいい【東山魁夷】

1908(明治41)‐ 
日本画家。本名新吉。横浜に生まれる。1926年東京美術学校日本画科に入学,在学中に第11~13回帝展で連続入選を果たした。31年同校を卒業後,結城素明に師事したが,33年西欧美術研究のため渡欧,翌年ベルリン大学に入学した。35年に帰国し,以後文展に出品する。40年川崎小虎の女婿となり,43年には小虎を中心に,山本丘人橋本明治らと国土会を結成した。45年召集をうけ,配属された熊本で阿蘇の雄大な景観に触れて画心を確立したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひがしやまかいい【東山魁夷】

1908~1999) 日本画家。本名新吉。神奈川県生まれ。東京美術学校卒。写実を基にした幻想味と装飾性に富む静謐な画風で、現代の風景画に新たな境地を切り開いた。代表作に「朝明けの潮」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山魁夷
ひがしやまかいい

[生]1908.7.8. 横浜
[没]1999.5.6. 東京
日本画家。本名新吉。 1931年東京美術学校卒業。結城素明に師事。 33~35年ドイツに留学,ベルリン大学を修了。 47年『残照』 (東京国立近代美術館) が日展で特選。穏やかな情趣,純潔な詩情の感じられる作品は高く評価され,56年日本芸術院賞受賞,65年芸術院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東山魁夷
ひがしやまかいい
(1908―1999)

日本画家。明治41年7月8日横浜に生まれる。本名新吉。1931年(昭和6)東京美術学校(東京芸大の前身)を卒業して研究科に進み、33年から35年までドイツに留学。47年(昭和22)の第3回日展で『残照』が特選。50年から審査員となり、第11回日展出品作『光昏(こうこん)』で56年に日本芸術院賞を受ける。65年には日本芸術院会員、日展理事となり、69年に文化勲章を受章。74年に日展理事長となった。この間、60年に東宮御所壁画『日月四季図』、68年には皇居新宮殿壁画『朝明けの潮(うしお)』を完成させ、翌年毎日芸術大賞を受ける。また73年から唐招提寺御影(とうしょうだいじみえい)堂障壁画の制作に携わり、81年にこれを完成させた。87年に所蔵していた自作を長野県に寄贈。90年(平成2)には、同県にそれらを所蔵した長野県信濃美術館・東山魁夷館が開館した。文章をよくし、『わが遍歴の山河』『風景との対話』など著書多数がある。平成11年5月6日死去。[二階堂充]
『吉村貞司他解説『東山魁夷画文集』全10巻(1978~80・講談社) ▽河北倫明解説『現代日本画全集12 東山魁夷』(1980・集英社) ▽東山魁夷著『わが遍歴の山河』(1982・新潮社) ▽東山魁夷著『風景との対話』(1988・新潮選書) ▽桑原住雄・岩崎吉一他編『東山魁夷』全5巻(1989~90・講談社) ▽『東山魁夷自選画文集』全5巻(1996・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東山魁夷の関連キーワード河合健二立石春美飛鳥井雅道上田臥牛大島哲以川崎庸之鷹山宇一長谷川貞信(4代)藤村道生吉井忠

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東山魁夷の関連情報