白城遺跡(読み)はくじょういせき(英語表記)Bai-cheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白城遺跡
はくじょういせき
Bai-cheng

中国黒竜江省阿城県城の南方約 2kmにある金代の遺跡。金朝 (1115~1234) 前期の首都である上京会寧府の遺跡で,敗城とも書かれる。その名の起源,意味とも未詳。L字形の土城に囲まれ,西壁は 3km強,北壁は 1.5km,南壁は 2kmあって,南城と北城に分れている。城壁の外面には約 100mごとに円形の凸角が築かれ,また城門址も残っている。宮殿址とみられるものは南城にあって,多くの建築物の遺構が残存する。内部からは数多くの建築物付属品や装飾品,金や宋の貨幣,金の鏡,銅容器,銅印,玉器,ガラス器,仏像,小銅像などが出土する。 1923,24年に V.トルマチョフによってその全貌が発掘調査された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android