コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陰本線 さんいんほんせん

6件 の用語解説(山陰本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山陰本線
さんいんほんせん

山陰地方を縦貫する鉄道。 JR西日本。京都-幡生 (下関市) 間 673.8km,および長門市-仙崎間 2.2kmから成る。 1900年起工,07年京都-園部間 35.8kmの京都鉄道 (愛称「嵯峨野線」) および福知山-綾部間の阪鶴鉄道を国有化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんいん‐ほんせん【山陰本線】

京都から鳥取・松江を経て山陽本線の幡生(はたぶ)(山口県)に至るJR線。長門市・仙崎間の支線を含む。全長676キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山陰本線【さんいんほんせん】

京都〜松江〜幡生(はたぶ)間ほか(支線2.2km)のJR線。営業キロ676.0km。鳥取,米子,松江,浜田,萩など山陰地方の各都市を連ねる。1897年京都鉄道の開業に始まり(1907年国有化),1933年全通。
→関連項目京都[駅]西日本旅客鉄道[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんいんほんせん【山陰本線】

東海道本線京都駅を起点とし,城崎付近から日本海沿いに西下,山陰地方を縦断して山陽本線幡生(はたぶ)駅(下関市)に至る673.8kmのJR西日本の営業線。東北本線の739.2kmに次いで2番目に長い。ほかに長門市~仙崎間2.2kmの支線がある。おもな経由地は福知山,鳥取,米子,松江,出雲の各市である。山陰地方と山陽地方とを連絡する鉄道として,1892年制定の鉄道敷設法に予定線として定められ,1900年5月鳥取県境港から米子,鳥取方面へと建設が開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんいんほんせん【山陰本線】

山陰地方を縦断する JR 西日本の鉄道線。京都から福知山・松江を経て下関市幡生はたぶに至る678.3キロメートルと長門市・仙崎(2.2キロメートル)からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山陰本線
さんいんほんせん

近畿・中国地方の日本海沿岸を走る西日本旅客鉄道の線路名称。京都―幡生(はたぶ)間673.8キロメートル、長門(ながと)市―仙崎(せんざき)間2.2キロメートル。山陰地方海岸地域を縦断し、沿線には綾部(あやベ)、福知山、豊岡(とよおか)、鳥取、倉吉(くらよし)、米子(よなご)、安来(やすぎ)、松江、出雲(いずも)、大田(おおだ)、江津(ごうつ)、浜田、益田(ますだ)、萩(はぎ)、長門などの都市、山陰海岸国立公園、大山隠岐(だいせんおき)国立公園、北長門海岸国定公園などに属する観光地がある。かつては山陰地方の縦貫幹線鉄道と考えられたが、1970年代以降には、山陰地方と近畿地方を結ぶ幹線交通は、新幹線と陰陽横断鉄道またはバスの組合せが主力となり、航空交通の整備とも相まって、山陰本線は多くの地方都市を中心としたローカル鉄道が連続した形態の鉄道とみなされるようになった。直流電化区間は、京都―城崎(きのさき)温泉、伯耆(ほうき)大山―西出雲間の計229.2キロメートルにとどまり、複線区間は京都―園部、綾部―福知山、伯耆大山―安来(やすぎ)、東松江―松江、玉造温泉(たまつくりおんせん)―来待(きまち)間に限られる(2011)。その建設は区間ごとに別個に進められ、京都―園部間は京都鉄道(1897~1899年開業、1907年国有化)、綾部―福知山間は阪鶴(はんかく)鉄道(1904年開業、1907年国有化)と、私鉄として開業し、園部―綾部間は官鉄舞鶴(まいづる)線として1910年(明治43)それぞれ開業した。福知山以西の区間は陰陽連絡線として、1902年、境(さかい)(現、境港(さかいみなと))から着工したのに始まり、山陰東線・西線の名称で路線を逐次延長、1912年、京都―出雲今市(いまいち)(現、出雲市)間の全通とともに山陰本線となった。出雲市以西では、浜田線、美祢(みね)線、小串(こぐし)線などの名称で、1913~1933年(大正2~昭和8)に開業、幡生―小串間は長州鉄道(1914年開業、1925年国有化)を買収したものであった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陰本線の関連キーワード金谷山陽本線総武本線東海道本線御殿場線南武線山手線起点伊東線JR東西線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山陰本線の関連情報