コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白山一里野温泉 はくさんいちりのおんせん

1件 の用語解説(白山一里野温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白山一里野温泉
はくさんいちりのおんせん

石川県南東部,白山市の白山山麓にある温泉。手取川の支流尾添川 (おぞうがわ) の谷間に温泉街が広がる。湯は上流の岩間温泉から引き湯している。泉質は弱食塩泉。泉温は 50℃。神経痛や胃腸病などによいといわれる。白山北麓を通り飛騨白川郷にいたる白山スーパー林道の入口にあたり,スキー場やテニスコートなどのスポーツ施設も整備されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白山一里野温泉の関連情報