白山手取川ジオパーク(読み)はくさんてどりがわじおぱーく

事典 日本の地域遺産の解説

(石川県白山市)
日本ジオパーク」指定の地域遺産。
白山手取川ジオパークは、石川県加賀地方の中央、金沢市の南西に位置する白山市全域を範囲としている。約3億年前からの変化がわかる地層が存在し、日本海から白山にかけての狭い範囲内で水の循環、手取り川によって形成された景観、扇状地に発達した文化、伏流水群などを知ることができる

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

石川県白山市の全域をエリアとするジオパーク。“山―川―海そして雪 いのちを育む水の旅”をテーマとする。拠点施設は道の駅「しらやまさん」、白山恐竜パーク白峰。白山、手取川の巨石「百万貫の」、桑島化石壁、獅子吼高原美川の伏流水群などの見どころがある。2011年9月、日本ジオパークに初認定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白山手取川ジオパークの関連情報