コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白帝 ハクテイ

デジタル大辞泉の解説

はく‐てい【白帝】

五行説で、白を西・にあてるところから》西方。秋をつかさどる神。また、異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくてい【白帝】

五行説で、西方・秋を支配する神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白帝の言及

【白帝城】より

…中国,四川省の東,湖北省界に近い地名。王莽(おうもう)のとき,この地の井戸から白竜の出るのを見,公孫述(?‐36)が漢の土徳をつぐと称して白帝を名のり,城を築いたのが始まりという。三国蜀の劉備は,呉を討つためみずから遠征したが,敗れて白帝城に退き名を永安と改め,この地で没した。…

※「白帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白帝の関連キーワードフォンチエ(奉節)県「早発白帝城」李白犬山市文化史料館サン(三)峡染色体地図三国志演義いほぬし白帝城犬山城打聞集李白劉備存応三峡陸機

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白帝の関連情報