コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 しろ

11件 の用語解説(白の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

しろ【白】

色名の一つ。JISの色彩規格では、そのまま「白」としている。一般に「雪のように白い」という表現をするが、あくまでも白に近い色であって雪は純粋な「白」ではない。白は人間の目に見える光のすべてを反射する物体から感じる色という概念だが、実際にそのような物体は存在しないとされる。したがって、色名としての白は他の色の概念で例えようがなく、白は白となってしまう。白系統の総称としての意味合いが強い。また、白は無彩色であり、の対語。この白と黒はもっとも古く発生した色名の概念とされる。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「金」に相当し、季節では秋を表す。秋の異称を白秋という。また心が自然のままで清いこと、汚れのないさまを清廉潔白というように、無垢のイメージが強い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しら【白】

[名]
他の語の上に付いて複合語をつくる。
㋐白色である意を表す。「雲」「菊」
㋑色や味などを加えていない、生地のままである意を表す。「木」「焼き」
㋒純粋である意を表す。「真剣」
㋓うまくごまかしたり、とぼけたりする意を表す。「とぼけ」
知らないこと。無関係であること。「を言う」
善良を装っている無頼の徒。
「折から向ふへ万八が、―ども引き連れ走り寄る」〈浄・河原達引
[名・形動ナリ]
作り飾らないこと。また、そのさま。
「はたらきのねえ生まれつきで、三文の工面もむづかしうござりやすと、―でいふ方がいい」〈洒・二筋道
まじめで正直なこと。また、その人やそのさま。
「―な事をいうて悦ばす仕掛けを工夫せらるべし」〈浮・禁短気・五〉

しろ【白】

雪のような色。物がすべての光線を一様に反射することによって、目に感じられる色。「のワイシャツ」
碁石の白いほうの石。また、白い石を持つほう。⇔
紅白試合などで、白い色をしるしにするほうの側。「赤勝て、勝て」
何も書き入れてないこと。また、そこに何も印刷してないこと。空白。「答案用紙はまだだ」
犯罪の事実がないものと認められること。また、その人。潔白。無罪。「筆跡鑑定からと出た」⇔
ブタの腸管を串ざしにしたもので焼き鳥の一種。

はく【白】

白いこと。白いもの。しろ。
「やみの中にぽっと―のひなげしが浮き出たような」〈長与竹沢先生と云ふ人
ボラの幼魚。
白人(はくじん)2」の略。
「光り輝く―や芸子に」〈浄・忠臣蔵

はく【白】[漢字項目]

[音]ハク(漢) ビャク(呉) [訓]しろ しら しろい もうす
学習漢字]1年
〈ハク〉
しろ。しろい。「白亜白衣白煙白髪紅白純白精白蒼白(そうはく)漂白卵白
色・印・汚れなどがついていない。「白紙白票白文空白潔白余白
明るくはっきりしている。「白昼白日明白
ありのままに言う。申し上げる。「白状科白(かはく)関白敬白建白告白自白独白
さかずき。「挙白大白
白居易。「白詩/元白」
(文字分析から)九九歳。「白寿
〈ビャク〉しろ。しろい。「白衣(びゃくえ)白檀(びゃくだん)白虎(びゃっこ)黒白
〈しろ(じろ)〉「白黒白目色白
〈しら〉「白壁白波
[名のり]あき・あきら・きよ・きよし・し・しろし
[難読]白馬(あおうま)白朮祭(おけらまつり)白粉(おしろい)飛白(かすり)白湯(さゆ)白鑞(しろめ)科白(せりふ)白膠木(ぬるで)白乾児(バイカル)白板(パイパン)白熊(はぐま)白耳義(ベルギー)

びゃく【白】[漢字項目]

はく

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しろ【白】

色名の一つ。日本工業規格(JIS)では,10種の有彩色,5種の無彩色の計15色名を基本色名として定めているが,白は無彩色の基本色名の一つである。無彩色だから明度(色の3属性の一つで,色の明るさを表す)によって規定され,白は明度10である。一般に光は,各波長に対する放射エネルギーの分布で種別されるが,白色光はどの波長に対しても放射エネルギーが等しい光で,天然には太陽光がほぼ白色光に相当する。
[象徴としての白]
 白は闇に対する光,暗に対する明の色であり,黒の反対色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しら【白】

( 名 )
他の語の上に付いて複合語をつくる。
白色であることを表す。 「 -髪しらが」 「 -壁しらかべ」 「 -雪しらゆき
色や味などをつけないことを表す。 「 -焼き」
生地きじのままであることを表す。 「 -木」
全くそのものであることを表す。 「 -きちょうめん」
うまくいつわる、とぼけていつわる意を表す。 「 -ばくれる」
まじめを装っている無頼の徒。 「もし邪魔する奴は、-どもよんで片付けさす/浄瑠璃・近頃河原達引」
[1] ( 名 ・形動 )
作り飾らない・こと(さま)。正直であること。まじめ。 「直化すぐばけに-な事をいふてよろこばす仕掛を工夫せらるべし/浮世草子・禁短気」
[句項目]

しろ【白】

色の名。太陽の光線を全部反射したときに感じられる色。雪のような色。 「 -のネクタイ」
犯罪の容疑がないこと。潔白。無罪。 ↔ 「容疑者は-と断定された」
白い碁石。また、それを持って打つ方。後手。 ↔
紅白に分けた組で、白組の方。 「赤勝て-勝て」
何も書き入れてないこと。 「答案を-で出す」

はく【白】

白いこと。しろ。
白人はくじん 」に同じ。 「新造の振りか詰茶か但しは-の白茶か/浄瑠璃・卯月の潤色
科白せりふのこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しろ

光の各波長を一様に多く反射する対象物は、白いと感じる。無彩色で8.5以上の明度をもっているものが、ほぼ白とよばれている。白は、自然な、明るい、軽快な、あっさりした、静的な、美しい、澄んだ、単純な、上品な、といった印象を人々に与える。そして、白から連想される具体物としては、壁、チョーク、白衣、病院、歯などがある。
 白によって象徴されるのは、清潔さ、純潔、新しい、冷たい、真理、永遠などである。白は色味をもたず、澄んでいるため、交じりけのないという感じを人に与えるので、このような連想、象徴を生じさせるものと思われる。また、白は汚れを目だたせることもあり、白衣、衛生陶器、冷蔵庫などによく用いられている。最近の冷蔵庫は、外側は有彩色を用いるものもかなりあるが、内側はいずれも白である。これは、食料を入れておくところが清潔であることが望まれていることとも関係があろう。さらに、白は光を多く反射するため、照明効率がよいといえよう。したがって冷蔵庫内も照明のことからいえば白がよいものと思われる。天井などを白で塗るのも、ある程度、照明のことを念頭に入れているのであろう。ただ、白は冷たい印象を人に与えることがあり、柔らかい印象が得にくい。したがって壁などすべて白にすると、冷たいという感じを強くもつ。病院がなんとなく冷たいという感じをもつのは、壁が白かったり、白衣が多く目に入ったりして、いかにも白が多いということから生じてくるのである。このため最近では、柔らかい感じを出し、安心感を与えるような意向のもとに病院などの色彩が考えられるようになってきている。一般的にいって、白は好まれる傾向が強いが、大面積の場合には、そのまま通用するかどうかは疑問である。[相馬一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【色】より

…動物の場合は色を見ることのできる目をもつものは少ないといわれる。身近なものでネコやイヌやウシなど,白黒の世界に生きている。色覚色彩調節
〔色の科学〕
人間は幸いにして色を見ることができるので,色から得ている恩恵は非常に大きい。…

【銀】より

…フランス語のargentはラテン語から,英語(ドイツ語)のsilver(Silber)はアッカド語の銀sarpuからきたといわれる。日本では古く白金(しろがね)と呼んで五色の金(かね)の一つであった。
[性質]
 面心立方格子の等軸晶系で,格子定数は4.086Å。…

【黒】より

…玄武は黒帝ともいう。一般に黒は白の対色である場合と白黒未分の原初の状態の色を指す場合とを分けて考える必要がある。後者はすべての創造の根源の色であり(これを白とすることもある),その意味でインドのビシュヌ神(創造の根源的エネルギーの化身),エジプトからギリシア,中世に至る母神(イシス,キュベレ,〈黒い聖母〉など),ヒンドゥー教のカーリー神,イスラムの聖地メッカの神殿カーバ(および,そこにはめこまれた〈聖なる黒石〉)などの黒色が理解される。…

【化粧】より


[色彩の象徴性]
 先史時代には約20種の顔料があったことがわかっているが,これらは現存の未開社会の化粧用顔料と正確に対応している。未開社会における色彩への嗜好を見ると,赤,白,黒の3色を圧倒的に好み,ついで植物性の青,緑が続く。各民族とも色ごとに象徴的な意味をもたせてある。…

【身体装飾】より

… ボディ・ペインティングは最も手軽な身体装飾として熱帯地方の原住民をはじめとして広く行われている。鉱物性や植物性の顔料(白土,黄土,赤土,墨,植物の色汁など)を,獣脂で練ったりして用いる。全身あるいは身体の一部に彩色するが,顔面(とくにほお),胸,胴体部などが多い。…

【染色】より

…それとともにその染色技術も大いに発展し,とくに第2次大戦以後合成繊維の発明とともに分散染料,カチオン染料,反応染料などによる新規な染色技術が開発され,現代の人類の豊富な衣服生活が展開されることになった。
【染色の技術】

[染色の準備工程]
 天然繊維はそれぞれ天然の不純物を含み,再生・半合成・合成繊維は紡績,織布などの工程で油脂類,のり(糊)類,帯電防止剤等を含むので,染色の際妨げとなるこれらの不純物を取り除くため,のり抜き,精練,さらに必要に応じ漂白を行う。精練は繊維の種類によりアルカリ性無機試薬,界面活性剤,有機溶媒が適宜使用される。…

※「白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白の関連キーワードスキー八雲主色砂山チェリー花菱ユニカラーviola(色)丹(色)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白の関連情報