コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白帳汗国 はくちょうかんこく Bai-zhang hanguo; Pai-chang han-kuo

2件 の用語解説(白帳汗国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白帳汗国
はくちょうかんこく
Bai-zhang hanguo; Pai-chang han-kuo

13世紀なかばにシルダリア下流に興ったモンゴルトルコ諸種族の国家。アク・オルダともいう。チンギス・ハンの長子ジョチ (朮赤) の所領の東部をなす。キプチャク・ハン国と絶えず戦い,14世紀末にチムール (帖木児) に滅ぼされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくちょうかんこく【白帳汗国】

キプチャク汗国を構成した諸王の分地の一。バトゥの兄オルダの領地。現在のカザフの地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白帳汗国の関連キーワードオトラルシルダリアカバレガ滝思い半ばに過ぐペンシルベニアシル川シルダリア川シルミオーネ摩訶陀いのちの半ばに

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone