コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白帳汗国 はくちょうかんこくBai-zhang hanguo; Pai-chang han-kuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白帳汗国
はくちょうかんこく
Bai-zhang hanguo; Pai-chang han-kuo

13世紀なかばにシルダリア下流に興ったモンゴル・トルコ諸種族の国家。アク・オルダともいう。チンギス・ハンの長子ジョチ (朮赤) の所領の東部をなす。キプチャク・ハン国と絶えず戦い,14世紀末にチムール (帖木児) に滅ぼされた。 15世紀にこの地方に大オルダ,ノガヤ・オルダ,ウズベク,カシム,クリムカザンシビルなどの諸汗国が形成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はくちょうかんこく【白帳汗国】

キプチャク汗国を構成した諸王の分地の一。バトゥの兄オルダの領地。現在のカザフの地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白帳汗国の関連キーワードキプチャク汗国バトゥカザフ分地所領諸王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android