白根多助(読み)しらね たすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白根多助 しらね-たすけ

1819-1882 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政2年5月6日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。中山忠光らの京都脱出の援助や藩の資金調達に貢献。維新後,埼玉県令となり,民生向上,税制の改革に力をつくした。明治15年3月15日死去。64歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓太田。名は翼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android