コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白煮 シラニ

デジタル大辞泉の解説

しら‐に【白煮】

醤油を使わず、材料を白く煮上げること。また、その煮上げたもの。「蓮根(れんこん)の白煮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しらに【白煮】

いか・しらうお・大根・さといも・うど・れんこんなどの白い食材を、煮汁の色がつかないように煮ること。またその料理。だし汁・酒・みりん・塩・砂糖などを用い、しょうゆを用いる場合は白しょうゆを用いるか、薄口しょうゆを少量用いるなどして、食材の白さを生かす。◇「しろに」「はくに」ともいう。

しろに【白煮】

しらに。⇒しらに

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しらに【白煮】

蓮根れんこんなど白い材料を、醬油を使わず白く煮上げること。また、そのもの。はくに。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白煮の関連キーワードパイチエチー魚料理醤油色煮

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白煮の関連情報