白衣の天使(読み)はくいのてんし

精選版 日本国語大辞典「白衣の天使」の解説

はくい【白衣】 の 天使(てんし)

白衣を着けた看護婦を天使のように気高いものとしていう称。びゃくえの天使。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「其万軍突喊の頂高く彩る雲の座に悠然と立てる白衣の天使」

びゃくえ【白衣】 の 天使(てんし)

※悦ちゃん(1936‐37)〈獅子文六〉子を連れて「親父さんは日本橋で名の売れた開業医で、碌さんの亡妻といふのは、そこの白衣(ビャクエ)の天使だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android