白衣の天使(読み)ハクイノテンシ

精選版 日本国語大辞典の解説

はくい【白衣】 の 天使(てんし)

白衣を着けた看護婦を天使のように気高いものとしていう称。びゃくえの天使。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「其万軍突喊の頂高く彩る雲の座に悠然と立てる白衣の天使」

びゃくえ【白衣】 の 天使(てんし)

悦ちゃん(1936‐37)〈獅子文六〉子を連れて「親父さんは日本橋で名の売れた開業医で、碌さんの亡妻といふのは、そこの白衣(ビャクエ)の天使だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白衣の天使の関連情報