白衣の天使(読み)はくいのてんし

精選版 日本国語大辞典「白衣の天使」の解説

はくい【白衣】 の 天使(てんし)

白衣を着けた看護婦天使のように気高いものとしていう称。びゃくえの天使。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「其万軍突喊の頂高く彩る雲の座に悠然と立てる白衣の天使」

びゃくえ【白衣】 の 天使(てんし)

※悦ちゃん(1936‐37)〈獅子文六〉子を連れて「親父さんは日本橋で名の売れた開業医で、碌さんの亡妻といふのは、そこの白衣(ビャクエ)の天使だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android