コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准看護師 じゅんかんごし practical nurse

翻訳|practical nurse

5件 の用語解説(准看護師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

准看護師
じゅんかんごし
practical nurse

都道府県知事の免許を受けて,医師,歯科医師または看護師の指示に従って傷病者や褥婦の看護や診療の補助を行なうことを業とする人。 1951年の保健婦助産婦看護婦法の改正によってできた資格職。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

准看護師

戦後の看護師不足を補うために養成が始まった。現在は全国に約40万人。国家資格ではなく、都道府県ごとの試験で認定される。高校進学率が低い時代は、女性が中学卒業後に働きながら学校に通い、資格を取るケースが多かった。資格取得に必要な授業時間は看護師より短く、医師や看護師の指示の下で業務を行うと定められている。さらに2年間の専門教育を受けるなどすれば、看護師の受験資格が得られる。

(2013-01-29 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐かんごし【准看護師】

都道府県知事の免許を受け、医師や看護師の指示のもとに、患者の看護および診療の補助をする専門職。→看護師

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅんかんごし【准看護師】

看護師の資格の一。中学卒業後、二年以上の教育訓練を受け、都道府県知事の行う准看護師試験に合格した者に与えられる。准看。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

准看護師
じゅんかんごし

都道府県知事の免許を受け、医師、歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦(じょくふ)に対する療養上の世話、または診療の補助をすることを業とする者をいう(保健師助産師看護師法における定義)。
 1948年(昭和23)に公布された保健婦助産婦看護婦法が51年に改正されたときに「准看護婦」として誕生した制度であり、それ以前のものでは乙種看護婦がこれに該当する。1968年、昭和43年法律第84号により同様の業務につく男性の准看護人を准看護士と呼称することが定められたが、平成13年法律第153号により准看護婦・士ともに准看護師と名称が統一され、2002年(平成14)3月より施行となった。
 准看護師になるためには、中学校卒業後、都道府県知事の指定する修業年限2年の准看護師養成所を卒業するか、あるいは高等学校衛生看護科(1964年開設)のような職業高等学校を卒業したのち、都道府県知事の行う准看護師試験に合格しなければならない。この試験は都道府県ごとに年1回か2回行われ、同一者が他府県の試験を重複して受けることもできる。また、看護師への道も開かれており、多くの准看護師が進学して看護師になっている。[山根信子]
『厚生省医務局看護課編『教育と実務のための看護関係法規集』(1972・厚生問題研究会) ▽医学書院編・刊『全国看護婦学校・養成所名簿 「保・助・看護学校」年度別推移』(2002) ▽看護行政研究会監修『看護六法』各年版(新日本法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

准看護師の関連キーワード足し前補欠募集市債図入り正看護師売位派出看護師医介輔看護師不足でベッド削減日本の看護師不足とEPA

准看護師の関連情報