コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白金黒 ハッキンコク

百科事典マイペディアの解説

白金黒【はっきんこく】

塩化白金PtCl4または塩化白金酸H2PtCl6などのアルカリ性溶液に,ホルマリンやギ酸ナトリウムなどの還元剤を作用させて生ずる微小な黒色白金粉末。
→関連項目白金

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はっきんこく【白金黒】

黒色の微粉末の白金。ヘキサクロロ白金(Ⅳ)酸などをアルカリ性水溶液中で、ホルムアルデヒドやギ酸ナトリウムなどで還元すると得られる。体積で110倍の水素、100倍の酸素を吸蔵し、強力な酸化還元触媒である。白金ブラック。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白金黒の言及

【白金】より

…触媒として用いられる。
[白金黒]
 黒色微粉状の白金。白金ブラックplatinum blackともいう。…

※「白金黒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白金黒の関連キーワードホルムアルデヒド白金ブラック赤外線検出器アジ化水素水素添加燃料電池接触還元水素電極白金石綿吸蔵体積黒色黒体水素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android