コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥由栄 しらとり よしえ

1件 の用語解説(白鳥由栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鳥由栄 しらとり-よしえ

1907-1979 昭和時代の脱獄囚。
明治40年7月31日生まれ。昭和11年盗みでつかまるが,青森刑務所を脱獄。ほどなく捕らえられ,準強盗殺人罪などで無期懲役となる。秋田,網走の刑務所をつぎつぎと脱獄。21年殺人罪で死刑判決(2審で懲役20年)をうける。翌年札幌刑務所を脱獄。のち逮捕され,36年仮出所。昭和54年2月24日死去。71歳。青森県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白鳥由栄の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇一竜斎貞山松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone