コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥由栄 しらとり よしえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鳥由栄 しらとり-よしえ

1907-1979 昭和時代の脱獄囚。
明治40年7月31日生まれ。昭和11年盗みでつかまるが,青森刑務所を脱獄。ほどなく捕らえられ,準強盗殺人罪などで無期懲役となる。秋田,網走の刑務所をつぎつぎと脱獄。21年殺人罪で死刑判決(2審で懲役20年)をうける。翌年札幌刑務所を脱獄。のち逮捕され,36年仮出所。昭和54年2月24日死去。71歳。青森県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白鳥由栄の関連キーワード白鳥 由栄昭和時代脱獄囚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android