白鷹幸伯(読み)しらたか ゆきのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鷹幸伯 しらたか-ゆきのり

1935- 昭和後期-平成時代の鍛冶(かじ)職人。
昭和10年8月6日生まれ。本職は土佐鍛冶の流れをくむ刃物作り。法隆寺宮大工・西岡常一と出合い,白鳳期建造物の復元のため,千年の年月にたえる「千年の釘」の鍛造にとりくむ。この錆につよい釘は奈良薬師寺の西塔,大講堂の復元に供され,日本の建築文化財保護に貢献。平成13年吉川英治文化賞。21年読売あをによし賞。愛媛県出身。中央大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android