コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百丈山 ひゃくじょうざんBo-zhang-shan

2件 の用語解説(百丈山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百丈山
ひゃくじょうざん
Bo-zhang-shan

中国,江西省奉新県にある山。もと大雄山という。唐の宣宗がここで避暑し,泉を引いて詩作に遊んだ。興元1 (784) 年に百丈懐海が入山し,郷導庵 (百丈寺) を創建して以来,黄檗希運潙山霊祐らが,参禅し,最初の独立の禅宗寺院となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百丈山
ひゃくじょうざん / パイチャンシャン

「はじょうざん」ともいう。中国、江西省南昌(なんしょう)府奉新県にある山。山中にある千尺の滝にちなみ百丈山といい、群山に秀峰を突出させるさまから大雄山ともいう。784年(興元1)馬祖道一(ばそどういつ)の法嗣(はっす)懐海(えかい)が入山して郷導庵(きょうどうあん)(百丈寺)を建立し、雲集した僧徒のために叢林(そうりん)の清規(しんぎ)(『百丈清規』)を選定したことで有名である。懐海は法堂(はっとう)、僧堂は建立したが仏殿は建立せず、現身の仏を説き、日常生活の労働(作務(さむ))を重んじて実践的修道を示した。会下から黄檗希運(おうばくきうん)山霊祐(いさんれいゆう)、大慈中、百丈涅槃(ねはん)らが輩出し、洪州系禅の主流をなした。唐の宣宗が勅して大智寿聖禅寺(だいちじゅしょうぜんじ)を建てて以降、伽藍(がらん)も整い、各代を通じて重要な山となった。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の百丈山の言及

【百丈懐海】より

…福州(福建省)の人。江西馬祖の禅をうけ,百丈山を創して禅院の独立をはかる。インド仏教の戒律で禁ぜられた生産労働を肯定し,これを普請とよんで,集団生活の基礎とするとともに,住持以下の職制を定め,百丈清規として成文化する。…

※「百丈山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone