コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潙山霊祐 いさんれいゆう Gui-shan Ling-you

2件 の用語解説(潙山霊祐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潙山霊祐
いさんれいゆう
Gui-shan Ling-you

[生]大暦6 (771)
[没]大中7 (853)
中国,唐の禅僧。百丈懐海の弟子。湖南省の潙山の同慶寺で活躍。禅宗の五家のうち潙仰宗の祖とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山霊祐
いさんれいゆう
(771―853)

中国、唐代の禅僧。仰宗(いぎょうしゅう)の派祖の一人。諡号(しごう)は大円禅師。俗姓は趙(ちょう)氏。福州(福建省)長渓の人。15歳で建善寺に出家し、杭州(浙江(せっこう)省)竜興寺で受戒、大小乗の経律を究めた。23歳のとき江西に遊行(ゆぎょう)し、百丈懐海(ひゃくじょうえかい)に参じて嗣法する。典座(てんぞ)(台所係)のときに認められて、潭州(たんしゅう)(湖南省)の山に住し、禅風を広めた。李景譲(りけいじょう)、裴休(はいきゅう)、崔慎由(さいしんゆう)に尊崇された。大中(たいちゅう)7年正月9日示寂、鄭愚(ていぐ)の碑銘がある。弟子に仰山慧寂(きょうざんえじゃく)、香厳智閑(きょうげんちかん)がいる。彼の語句を記した『語録』1巻、および『山警策(きょうさく)』がある。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潙山霊祐の関連キーワード大中臣泰清エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.大暦大暦国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone