コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潙山霊祐 いさんれいゆうGui-shan Ling-you

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潙山霊祐
いさんれいゆう
Gui-shan Ling-you

[生]大暦6 (771)
[没]大中7 (853)
中国,唐の禅僧。百丈懐海の弟子。湖南省潙山の同慶寺で活躍。禅宗五家のうち潙仰宗の祖とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山霊祐
いさんれいゆう
(771―853)

中国、唐代の禅僧仰宗(いぎょうしゅう)の派祖の一人。諡号(しごう)は大円禅師。俗姓は趙(ちょう)氏。福州(福建省)長渓の人。15歳で建善寺に出家し、杭州(浙江(せっこう)省)竜興寺で受戒、大小乗の経律を究めた。23歳のとき江西に遊行(ゆぎょう)し、百丈懐海(ひゃくじょうえかい)に参じて嗣法する。典座(てんぞ)(台所係)のときに認められて、潭州(たんしゅう)(湖南省)の山に住し、禅風を広めた。李景譲(りけいじょう)、裴休(はいきゅう)、崔慎由(さいしんゆう)(804―868)に尊崇された。大中(たいちゅう)7年正月9日示寂、鄭愚(ていぐ)の碑銘がある。弟子に仰山慧寂(きょうざんえじゃく)、香厳智閑(きょうげんちかん)(?―898)がいる。彼の語句を記した『語録』1巻、および『山警策(きょうさく)』がある。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

潙山霊祐の関連キーワード洞山良价百丈山

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android