馬祖道一(読み)ばそどういつ(英語表記)Ma-zu Dao-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬祖道一
ばそどういつ
Ma-zu Dao-yi

[生]景竜3(709)
[没]貞元4(788).2.4.
中国,唐の禅僧。四川省出身。石門道一とも呼ばれ,姓が馬であったので,馬祖と称せられた。のち南岳懐譲の法を継いで,その門下俊才であった。主として江西省で仏教を広め,弟子は俗に 800人以上とも称せられるが,多数の弟子を育てたことは確実で,なかでも百丈懐海は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばそどういつ【馬祖道一】

709~788) 中国、唐代の禅僧。南嶽懐譲の法を継ぎ、江西に活躍した。百丈懐海は門下の一人。「平常心是道」「即心是仏」などの語が知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬祖道一
ばそどういつ
(709―788)

中国、中唐期の禅僧。漢州(かんしゅう)(四川(しせん)省)什(じゅうほう)県の出身で、俗姓が馬氏のため馬祖と通称される。州の羅漢寺(らかんじ)に投じ、資州処寂(ししゅうしょじゃく)(648―734)の下で出家し、益州長松山、荊南(けいなん)明月山などで修行した。ついで南岳懐譲(なんがくえじょう)に師事し、「南岳磨磚(なんがくません)」の話によって心印を得、建陽(けんよう)(福建省)仏迹巌(ぶっしゃくがん)で開法した。その後、江西省の新開寺、(きょうこう)山、開元寺などに住して宗風を挙揚し、湖南の石頭希遷(せきとうきせん)と並び称された。馬祖やその門人たちには口語による説法の記録が多く伝わり、後世の膨大な禅宗語録出現の契機となった。788年2月1日、(ろくたん)の石門山宝峰寺で示寂した。1966年『馬祖禅師舎利石函(かん)題記』が石門山で出土発見された。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬祖道一の言及

【禅】より

…無念体上に本知有りとし,知の一字こそ衆妙の門であるとする。しかし,慧能以後の禅の主流は,本知よりも今の作用に重点をおく,馬祖道一とその周辺の人々によって推進される。念を動かし心を起こし,弾指動目する日常行為のすべてが,仏性の作用である。…

※「馬祖道一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android