コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百武彗星 ひゃくたけすいせい Comet Hyakutake

2件 の用語解説(百武彗星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百武彗星
ひゃくたけすいせい
Comet Hyakutake

1996年1月に発見された長周期彗星。発見者はアマチュア天文家百武裕司。 1996年3月 25日,地球からの距離約 1530万 kmと最接近した。このときの明るさは0等級,ハレー彗星の 2.5倍で,大型彗星の地球接近としては,1760年以降最大級のものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひゃくたけ‐すいせい【百武×彗星】

平成8年(1996)1月、日本の百武裕司が発見した彗星。同年3月に地球に最接近し、見かけの尾の長さが100度近くに達する20世紀有数の大彗星になった。公転周期は約11万4千年。彗星からのX線放射の発見、太陽探査機ユリシーズによる尾の通過という二つの大きな科学的成果が挙がったことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百武彗星の関連キーワード平成コメットハンター百武裕司関晃宗田一薗部澄高田裕司百武源吾吉田鎮雄渡辺禎雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百武彗星の関連情報