百武彗星(読み)ひゃくたけすいせい(英語表記)Comet Hyakutake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百武彗星
ひゃくたけすいせい
Comet Hyakutake

1996年1月に発見された長周期彗星。発見者はアマチュア天文家百武裕司。 1996年3月 25日,地球からの距離約 1530万 kmと最接近した。このときの明るさは0等級,ハレー彗星の 2.5倍で,大型彗星の地球接近としては,1760年以降最大級のものであった。前回の接近は約 8000年前,次回は約1万 4000年後と計算されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゃくたけ‐すいせい【百武×彗星】

平成8年(1996)1月、日本の百武裕司が発見した彗星。同年3月に地球に最接近し、見かけの尾の長さが100度近くに達する20世紀有数の大彗星になった。公転周期は約11万4千年。彗星からのX線放射の発見、太陽探査機ユリシーズによる尾の通過という二つの大きな科学的成果が挙がったことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android