百済文化(読み)くだらぶんか(英語表記)Paekche munhwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百済文化
くだらぶんか
Paekche munhwa

朝鮮古代三国の一つ百済の文化。百済は早くから中国の南朝と通交し,その位置が初め旧楽浪,帯方の地にあったので朝鮮古代三国のなかで最も中国文化,とりわけ南朝の文化の影響を受けていたと思われる。学問としては儒学が盛んであったことは,五経博士と称される人々が来日していることでもわかる。また中国史料によれば陰陽五行,易の思想が行われ,暦も中国のものを採用していた。百済文化で注目すべきものは仏教が盛行し,多くの寺が建立されたことである。日本に初めて仏教や仏像を伝えたのも百済であった。有名な法隆寺の百済観音のほか,百済の名を帯びた種々の文化財が存在することをみても,いかに百済文化が日本に深い影響を与えていたかが知られる。また百済音楽は百済楽の名称で知られている。なお特筆すべきは医学で,易や暦と並んで発達しており,医博士と称する人たちが来日し,日本文化に大きな貢献をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android