百田重明(読み)ももた しげあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百田重明 ももた-しげあき

1850-? 明治時代の官吏。
嘉永(かえい)3年生まれ。慶応義塾,開成学校でまなぶ。明治4年海軍兵学寮,6年大蔵省の翻訳掛として勤務。8年英書を翻訳して「統計学大意」を刊行。12年文部省にはいり,翌年開拓使属となり札幌で学事に尽力した。丹後(京都府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android