コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百間川遺跡 ひゃっけんがわいせき

2件 の用語解説(百間川遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百間川遺跡
ひゃっけんがわいせき

岡山市にある弥生時代を中心にした遺跡。この地域に稲作農耕文化が定着した確実な証拠多数が得られている。 1977年以降,百間川改修計画に伴う事前調査が実施され,各時期の遺構,遺物が発見されているが,弥生時代関係のものが最も重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百間川遺跡
ひゃっけんがわいせき

岡山市、原尾島(はらおしま)、兼基(かねもと)、米田(よねだ)(以上中区)などにかけて広がる沖積地の大遺跡。川幅約180メートルの百間川は、江戸期に、旭(あさひ)川の洪水から岡山城下町を守る目的でつくられた人工の放水路。建設省(現国土交通省)による改修工事に伴い、委託を受けた岡山県教育委員会は、1976年(昭和51)の第一次確認調査後、引き続いて五か年計画を立て、事前の発掘調査を実施、流程13キロメートルのなかで、三つの主要な微高地を突き止め、その周辺に展開する弥生期の埋没水田を発見した。各水田跡はかならず大畦畔(けいはん)と小畦畔によって区画される。1区画の面積は、小は9平方メートル、大は400平方メートルあり、50平方メートルのものが圧倒的に多い。微高地の上面からはさらに弥生時代および古墳時代の竪穴(たてあな)住居、井戸、溝などの生活跡をはじめ、土壙墓(どこうぼ)、壺棺(つぼかん)などの埋葬施設を検出。遺物も各時代にわたり多種多様である。[葛原克人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百間川遺跡の関連キーワード須玖遺跡弥生時代弥生時代の「縄文人」大崎遺跡奥正権寺遺跡滋賀県守山市伊勢町岡山県津山市沼岡山県津山市弥生町南小泉遺跡湯納遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone