皇太子妃雅子(読み)こうたいしひ まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇太子妃雅子 こうたいしひ-まさこ

1963- 皇太子徳仁(なるひと)親王の妃。
昭和38年12月9日生まれ。小和田恒(ひさし)の長女。外交官である父の関係で海外生活がながく,アメリカのハーバード大を卒業する。帰国後東大に学士入学,のち外交官の道をあゆむ。昭和61年東宮御所の茶会で皇太子とであう。平成5年外務省北米二課を退職,結婚。日本赤十字社名誉副総裁。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇太子妃雅子の関連情報