コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇麞 オウジョウ

3件 の用語解説(皇麞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうじょう〔ワウジヤウ〕【皇麞】

雅楽の舞曲。唐楽。平調(ひょうじょう)で新楽の大曲。舞は現在伝わっていない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうじょう【皇麞】

雅楽,管絃の曲名。《黄麞》とも書き,別名《海老葛(えびかずら)》ともいう。唐楽。平調(ひようぢよう)。四箇(しか)の大曲(《蘇合香そごうこう)》《万秋楽(まんじゆうらく)》《春鶯囀(しゆんのうでん)》《皇麞》)の一つ。古くは舞があったが,現在舞は伝わらない。序破急があったという記録はあるが,序と破は絶え,現行は急のみ。唐の中宗の時代(684‐710)に黄麞谷で戦死した将軍王孝傑の忠義ぶりをたたえて,帝がこの曲を作ったと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうじょう【皇麞】

雅楽の一。平調ひようじようの唐楽。現在は楽のみ伝わり、急の部分が社寺の儀礼楽に用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇麞の関連キーワード迦陵頻長慶子抜頭陵王団乱旋柳花苑相府蓮越殿楽鶏徳褌脱