コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田四郎時貞 ますだしろうときさだ

2件 の用語解説(益田四郎時貞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益田四郎時貞
ますだしろうときさだ

[生]元和7(1621).肥後
[没]寛永15(1638).2.28. 長崎
江戸時代前期,島原の乱の指導者。天草四郎とも呼ばれる。父は益田甚兵衛好次で,小西行長の家臣。主家の滅亡後,肥後宇土郡に住み,のち天草の大矢野郷で農耕に従事したといわれ,幼少の頃肥後熊本の細川忠利の家中須佐美 (すさみ) 半之丞の小姓をつとめたこともあるという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

益田四郎時貞の関連キーワード西インド会社フェリペ[3世]フェリペ[4世]大間のマグロマシニングセンター有馬家天草四郎織田有楽加藤盤斎木下順庵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone