コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益頭峻南 ましず しゅんなん

美術人名辞典の解説

益頭峻南

南画家。江戸生。名は尚志、字は示徳、通称を銓太郎。野口幽谷に師事し、花鳥を得意とした。東京勧業博覧会二等賞牌受賞。文展審査員。大正5年(1916)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益頭峻南 ましず-しゅんなん

1851-1916 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)4年2月12日生まれ。益頭駿次郎の長男。大学南校でまなび,陸軍兵学寮の通訳などをつとめた。明治8年から野口幽谷(ゆうこく)に文人画をまなび,日本美術協会で活躍。文展審査員。大正5年4月2日死去。66歳。江戸出身。名は尚志。字(あざな)は示徳。通称は鉎太郎。作品に「野鶏及時」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android