盛誉(読み)せいよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

盛誉 せいよ

じょうよ

盛誉 じょうよ

1273-1362 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永10年生まれ。華厳(けごん)宗。和泉(いずみ)(大阪府)久米田寺の禅爾(ぜんに),東大寺戒壇院の凝然(ぎょうねん)に師事して真言,律,華厳をまなぶ。久米田寺,戒壇院の住持をつとめた。康安2=正平(しょうへい)17年1月21日死去。90歳。字(あざな)は明智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android