コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)さかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さかり

岩手県の南東部,大船渡市の中心市街地で旧町名。 1952年近隣の町村と合併して大船渡市となる。大船渡湾に注ぐ盛川の低地に位置する。縄文時代から人が居住し,古くは佐狩と書かれた。江戸時代末期まで宿場町,市場として栄え,気仙地方の行政・文化の中心地であった。盛駅は JR大船渡線の終点で,三陸鉄道南リアス線の起点。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい【盛】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]もる さかる さかん
学習漢字]6年
〈セイ〉力や勢いがさかん。さかえる。「盛運盛会盛況盛衰盛大盛名殷盛(いんせい)旺盛(おうせい)全盛隆盛
〈ジョウ〉さかん。さかえる。「盛者必衰繁盛
[名のり]さかり・しげ・しげる・たけ・もり

もり【盛(り)】

[名]
盛ること。また、盛った分量。「飯の盛りがよい」
盛り蕎麦(そば)」の略。
石盛(こくもり)」の略。
[接尾]助数詞。皿や茶碗などに盛ったものを数えるのに用いる。「どんぶり飯二(ふた)盛り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さかり

岩手県南東部、大船渡(おおふなと)市の行政、文化の中心地。旧盛町。盛川の河口付近に位置し、古くから盛六郷の中心として商業活動が盛んで、現在も5と0のつく日に定期市が立つ。またJR大船渡線と三陸鉄道南リアス線の連絡地でもある。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【大船渡[市]】より

…岩手県南東部,大船渡湾に臨む市。1952年に大船渡,盛(さかり)の2町と,末崎,赤崎,猪川,立根(たつこん),日頃市の5村が合体して市制。人口3万7264(1995)。…

※「盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盛の関連情報