コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盧草拙 ろ・そうせつ

朝日日本歴史人物事典の解説

盧草拙

没年:享保14.9.9(1729.10.1)
生年:延宝3.4.27(1675.5.21)
江戸中期の天文学者。長崎の文化人。盧氏の祖は盧君玉といい,明国福建の人で慶長17(1612)年初めて長崎に渡来した。官許を得て有馬領の貿易港口之津の女性毛呂と結婚し庄左衛門を生んだが,のち故国に帰った。庄左衛門の子を盧草碩という。草碩は天文を小林義信(樋口謙貞)に学び,医術に優れ鎖国時代における本草学の祖といわれる。この草碩の子が草拙である。草拙は読書を好み,諸学を学び博覧強記と称されたが,特に天文に名がある。天文は小林義信の高弟関庄三郎に学び,西洋天文学の知識も受け入れていたことは細井広沢の『測量秘言』からもうかがい知ることができる。享保4(1719)年西川如見と共に天文御用につき江戸に召され諮問に答えている。草拙の子を盧千里といい,『長崎先民伝』の著がある。

(内田正男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

盧草拙の関連キーワード北島見信

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android