コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を掛ける(読み)テヲカケル

デジタル大辞泉の解説

手(て)を掛(か)・ける

人手を費やす。手数をかける。手間をかける。「―・けた料理」
自分の手で行う。手掛ける。
「民子は私が―・けて殺したも同じ」〈左千夫野菊の墓
手出しをする。盗みをする。「人のに―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てをかける【手を掛ける】

手間をかける。 「 - ・けた盆栽」
手出しをする。暴力を振るう。また、盗む。 「人の物に-・けるなんて」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android