コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を掛ける テヲカケル

デジタル大辞泉の解説

手(て)を掛(か)・ける

人手を費やす。手数をかける。手間をかける。「―・けた料理」
自分の手で行う。手掛ける。
「民子は私が―・けて殺したも同じ」〈左千夫野菊の墓
出しをする。盗みをする。「人のに―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てをかける【手を掛ける】

手間をかける。 「 - ・けた盆栽」
手出しをする。暴力を振るう。また、盗む。 「人の物に-・けるなんて」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手を掛けるの関連キーワード引手金物掛ける手入れ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手を掛けるの関連情報