目張/眼張(読み)メバル

デジタル大辞泉の解説

め‐ばる【目張/眼張】

フサカサゴ科の海水魚、アカメバル・シロメバル・クロメバルの総称。沿岸の岩礁にすむ。全長約30センチ。体は長卵形で側扁し、目が大きい。体側に不明瞭な5、6本の横帯がある。卵胎生。美味。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めっ‐ぱ【目張】

〘名〙
① 目の縁の皮膚がつっぱって目が引きつっていること。また、その人。〔俚言集覧(1797頃)〕

め‐ばる【目張】

〘名〙 カサゴ目フサカサゴ科の海産魚。全長約三〇センチメートルに達する。体は側扁してやや長く、目が大きい。体色は灰黒色・灰赤色などの地に五~六条の不明瞭な黒い横じまがあり、地色によってクロメバル・アカメバルなどと呼ばれる。食用とし、特に夏には美味。釣りの対象魚。北海道南部以南、九州、朝鮮半島南部の沿岸の岩礁域で普通に見られる。《・春》 〔日葡辞書(1603‐04)〕

め‐ば・る【目張】

〘自ラ四〙 目を大きく開ける。
※家鴨飼(1908)〈真山青果〉三「老爺は目張(メバ)って、的もなくそこらを睨め廻した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android