コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目近 メヂカ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぢか【目近】

《「めちか」とも》
目に近いこと。
「こんな大きい―の星を、…見たことがない」〈康成・掌の小説〉
要(かなめ)を骨の末端近くに打った。目近の扇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぢか【目近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「めちか」とも〕
目に近い・こと(さま)。まぢか。 「首をあげて、-なる一通いつつうを見るに/色懺悔 紅葉
扇で、要かなめを柄の末端近くに打ったもの。多く、婦人用。目近扇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目近の関連キーワード此れは如何なことスウェーデン学派我御料・和御寮如何にや如何に日華基本条約東大阪[市]近江大津宮大阪[府]新日本文学滋賀[県]クリケット中村真一郎東京[駅]ドーピング三重[県]池田屋事件申入れる新古典派おしゃる松岡洋右

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目近の関連情報