コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目近(読み)メヂカ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぢか【目近】

《「めちか」とも》
目に近いこと。
「こんな大きい―の星を、…見たことがない」〈康成・掌の小説〉
要(なめ)を骨の末端近くに打った。目近の扇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぢか【目近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「めちか」とも〕
目に近い・こと(さま)。まぢか。 「首をあげて、-なる一通いつつうを見るに/色懺悔 紅葉
扇で、要かなめを柄の末端近くに打ったもの。多く、婦人用。目近扇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android